【2019年8月】最新のウォーターサーバーおすすめランキング ≫

ウォーターサーバーの電気代は意外な金額!?節約する方法や高くなる原因とは?

ウォーターサーバーの電気代は意外な金額!?節約する方法や高くなる原因とは?

ウォーターサーバーを使えばいつでも冷水やお湯が飲めるようになっているのは、つねにコンセントにつながれているからです。

すなわち、つねに電気を使っていることになります。

そこで心配になるのが、ウォーターサーバーを設置したときの月々の電気代です。

そこでここでは、ウォータ―サーバーの電気代に関する以下の悩みについて、分かりやすく答えていきます。

  • そもそもウォータ―サーバーの電気代って、どの程度が相場なの?
  • 電気ポットの方が安いんじゃないの?
  • ウォータ―サーバーの電気代を節約する方法?
  • 何が原因で高額になっているの?
  • 電気代が格安名ウォータ―サーバーはないの?

今ウォータ―サーバーの電気代の高さに悩んでいるのであれば、きっとその対策方法が見つかるはずです。

まずは、ウォータ―サーバーの電気代の相場からみていくことにしましょう。

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかるの?

ウォーターサーバーの電気代はどれくらいかかるの?

ウォーターサーバーの電気代は、ウォーターサーバーの種類によって違ってきます。

さまざまな機能がついており、比較的消費電力が多くなる種類のウォーターサーバーの場合の1ヶ月の電気代は、だいたい1,500円前後になると言われています。

なお、通常のウォーターサーバーの場合は、1,000円前後が目安になるようです。

一方、消費電力が少ない種類のウォーターサーバーの場合は、1ヶ月でだいたい500円前後が目安です。

ウォーターサーバーの電気代の目安

  • 消費電力が高い:1,500円前後
  • 消費電力が通常:1,000円前後
  • 消費電力が低い:500円前後

結構意外な金額だとは思いませんか?とくに月1,000円って、電気代にしては高く感じる人も多いかもしれません。

しかし、ウォーターサーバーと電気ポットを比較した場合は、ウォーターサーバーの電気代はさほど割高ではないことがわかると思います。

ウォーターサーバーと電気ポット、どっちが高い?

ウォーターサーバーの魅力は冷水だけでなく、つねにお湯も瞬時で出してくれるところですよね。

家でお湯を作るときに、最近では電気ポットを使う家庭も多くなりましたが、ウォーターサーバーとどちらが高いかご存知ですか?

じつは、1ヶ月あたりの電気代はウォーターサーバーも電気ポットもほとんど変わらないのです。

たとえば、2リットルほどのお湯を電気ポットで作り、保温状態にしておくと、

  • 1日あたり約30円ほどの電気代がかかり
  • 月額で換算すると900円くらい

のような具合になります。

ウォーターサーバーの場合は、お湯だけでなく冷水も出せるうえに、沸かす時間も必要ありません。

電気ポットと比較した場合、便利さなどを考慮しても、ウォーターサーバーの電気代は決して高くはないのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの電気代を節約するには?

ウォーターサーバーの電気代を節約するには?

もともと電気ポットを使っていない人や、電気代を節約している人にとっては、月500~1,000円ほど電気代がアップしてしまうのは痛いですよね…。

しかし、じつはウォーターサーバーの電気代を節約する方法や、抑える方法があります。

ここでは、ウォーターサーバーの電気代を節約する方法をいくつかご紹介します。

電気代の節約①:ウォーターサーバーの電源は切らない

ウォーターサーバーは、つねにコンセントがつながっているため、その間は電気代がかかってしまいます。

だからといって、電源を切ってしまうと、じつは余計に電気代がかかってしまいます

なので、電気代を節約するいちばんの方法は、こまめに電源を切るのではなく、あえてつけっぱなしにしておくことです。

電気代の節約②:設置場所に工夫をする

ウォーターサーバーがつねに冷水とお湯を瞬時に出せるようになっているのは、水温が一定に保たれているからです。

寒い冬も暑い夏も、ウォーターサーバーの水はつねに水温が保たれているのです。

なので、ウォーターサーバーを設置する場所は、あまり温度変化のない場所がおすすめです。

温度変化が激しい場所ですと、温度変化があるたびに余計な電力がかかってしまうので、日の当たらない涼しい場所に設置するのが望ましいです。

電気代の節約③:省エネタイプのウォーターサーバーを使う

ウォーターサーバーは種類によって、省電力モードを搭載していたり、ウォーターサーバーそのものが省エネタイプである場合があります。

省電力モードがあれば省電力モードに切り替えることで、消費電力を抑えることができます。

また、省エネタイプのウォーターサーバーは、消費電力の多いウォーターサーバーと月々の電気代を比較すると、1,000円近く違ってくることもあります。

年換算すれば、10,000円以上もの差が出てしまうので、電気代が気になる人は省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

電気代の節約④:ウォーターサーバーの温度設定を変える

ウォーターサーバーによっては自分で温度設定をある程度いじることができるものもあります。

ウォーターサーバーにかかる電気代の大半は、水の保温と保冷が占めており、とくにお湯を作る機能にはかなりの電気が消費されてしまいます。

そのため、できるだけお湯の温度設定は低めにすることで、より電気の消費を抑えることができ、節約に繋がります。

とくに夏場は冷たい水を使うことが多くなると思うので、季節に合わせてお湯の温度設定を変えるのも電気代を節約するひとつの手段になるでしょう。

ウォーターサーバーの電気代が高くなる原因

ウォーターサーバーの電気代が高くなる原因

ウォーターサーバーは種類によって電気代が異なります。また、ウォーターサーバーを使用する環境によっても電気代が変わってきます。

では、いったいどのようなことが、ウォーターサーバーの電気代が高くするのか、原因をご紹介します。

原因①:オートクリーン機能が搭載されていると高くなる

ウォーターサーバーはつねに清潔な水を出せるように、クリーン機能が搭載されています。

ウォーターサーバーのクリーン機能によって、雑菌の繁殖を防ぎ、きれいで美味しい水がつねに飲めるようになっているのです。

そして、どのようにして雑菌の繁殖を防ぐのかは、ウォーターサーバーの種類によって違います。

代表的なクリーン機能としては、

  • オートクリーン機能
  • UV機能

などがあります。

オートクリーン機能

オートクリーン機能は、ウォーターサーバーの内部を熱湯が循環することで、ウォーターサーバーの汚れを落としたり、雑菌を減らしたりすることができる機能です。

UV機能

一方のUV機能は。紫外線によって除菌して清潔を保つ機能となっています。

また、抗菌剤を使うウォーターサーバーなどもありますが、中でもオートクリーン機能は比較的電力を多く消費してしまうようです。

原因②:直射日光の当たる場所に置いてある

ウォーターサーバーは温度を一定に保つための機能に多くの電気が使われます。

温度変化の少ない場所に置いておくことで節約になるように、温度変化の多い場所に置いておくと逆に多くの電気を消費してしまうことになります。

とくに直射日光の当たる場所は、1日でもっとも温度変化が激しくなる場所でもあるため、直射日光の当たらない涼しい場所に設置した場合と比較すると、電力の消費は多くなるでしょう。

原因③:お湯を多く使う

お湯と冷水を作り出すなら、どちらのほうが電気の消費が多くなるのかというと、お湯を作るときのほうが消費電力が高くなります。

理由を理解するために以下のケースを考えてみましょう。

たとえば、

  • 常温の水の温度が25℃
  • ウォーターサーバーの冷水は10℃
  • お湯は90℃

だとします。

常温との温度差が大きいのはお湯のほうになりますよね。

じつは電気は、常温との温度差があればあるほど多くの電力が使われてしまうのです。

そのため、お湯を頻繁に使う家庭ほど、ウォーターサーバーの電気代が高くなる傾向があります。

電気代が安いおすすめウォーターサーバーのベスト3

ここでは、数あるウォータ―サーバーの中で、電気代が特に安いおすすめのサーバーに絞ってランキング形式で紹介していきます。

また上位ベスト3を厳選しておりますので、現在ウォータ―サーバーの電気代で悩んでいる方は、どの程度電気代が下がるのかを計算しながら、検討してみましょう。

では早速、3位から順にみていきます。

第3位:CosmoWater|電気代が安いウォーターサーバーランキング

おすすめウォーターサーバーコスモウォーター

サーバーレンタル料 無料~
水(500mlあたり) 約86円~
電気代 月465円~
硬水・軟水 軟水

CosmoWaterの電気代は、第3位ながらも月500円を下回る低コスト価格となります。

その他にかかる費用も比較的安いため、乗り換えもしやすいでしょう。

提供されている水は?

またCosmoWaterの一番の特徴は、採水してから、わずか48時間以内には出荷をしていることです。

そのため、自宅に届く水の鮮度に申し分はないでしょう。

天然水の種類としては、

  • 「大分県」
  • 「京都府」
  • 「静岡県」

の3か所でくみ上げられたものとなり、自宅に一番近い採水地の天然水が自宅に届くという仕組みです。

できるだけ新鮮なお水を飲みたいのであれば、CosmoWaterがおすすめといえるでしょう。

コスモウォーターコスモウォーターの口コミ&評判!水交換が簡単って本当?お得な4つの0円とは?

第2位:うるのんGrande|電気代が安いウォーターサーバーランキング

おすすめウォーターサーバーうるのん

サーバーレンタル料 無料~
水(500mlあたり) 約79円~
電気代 月390円~
硬水・軟水 軟水

うるのんGrandeの電気代は、CosmoWaterでもすでに安かったですが、それをさらに上回る安さとなります。

提供されている水は?

うるのんで提供される水については、名水としても知られる静岡県冨士宮市に位置する富士山のふもとで採水された天然水となります。

この天然水は、硬度29mg/Lという超軟水となります。

そのため、まだ胃腸がさほど強くない赤ちゃんのミルクに対しても、安心して利用できるでしょう。

2017年度のモンドセレクションでは、「富士の天然水さらり」が金賞を受賞するなど、その実績に申し分はないでしょう。

うるのん「うるのん」の口コミ&評判!安心安全な水は本当?製造方法や放射性物質は?

第1位:フレシャスデュオ|電気代が安いウォーターサーバーランキング

おすすめウォーターサーバーfrecious

サーバーレンタル料 無料~
水(500mlあたり) 約85円~
電気代 330円~
硬水・軟水 軟水

フレシャスの電気代は今回紹介する中でも、圧倒的な安さを誇っています。

月に300円台前半の電気代は、ウォータ―サーバーの中ではほとんど見かけることはありません。

その理由も、フレシャスが搭載する3つの省エネ機能のおかげでしょう。

主な3つの機能は以下の通りです。

  1. SLEEP機能
  2. エコモード
  3. 温水・冷水分離のデュアルタンク

SLEEP機能は、部屋が暗くなるとセンサーが感知し、ヒーター機能がOFFになります。

エコモードは、「ECO」ボタンを押すだけでかんたんに作動し、自動で温水温度を15度下げる機能となります。

最後のデュアルタンクについては、タンクを冷水と温水で分けることで熱干渉を減らし、余計な電力がかからないように工夫された設計です。

これら3つのすぐれた機能のおかげで、ここまでの電力削減が実現できているのでしょう。

提供されている水は?

また肝心の提供される天然水については、以下の3種類があります。

  1. 「フレシャス木曽」
  2. 「フレシャス富士」
  3. 「フレシャス朝霧高原」

この中でも注目すべきは朝霧高原の天然水でしょう。

この天然水は、最近健康維持のためにと注目を浴びるバナジウムを多く含んだ天然水となります。

バナジウム天然水に効果はあるの?飲みすぎると危険って本当なの?バナジウム天然水に効果はあるの?飲みすぎると危険って本当なの?

電気代もさることながら、こういったバナジウム入りの天然水が格安で手に入れられることは、健康のために飲みたいけど節約もしたいという方に、うってつけのウォーターサーバーとなるでしょう。

フレシャスフレシャスの口コミ&評判!特徴や料金は?申込方法から解約までのやり方も解説!

ウォーターサーバーは電気代を考慮してもメリットが多い!

ウォーターサーバーの電気代は高く感じる人もいると思いますが、ウォーターサーバーの種類や設置場所の環境によって、電気代にはかなりの差が出てしまうようです。

しかし、ウォーターサーバーはいつでも一瞬で暑いお湯や、冷たい水を飲むことができるうえに、備蓄水としても使えますし、なによりあるととても便利です。

電気代を考慮しても、デメリットよりメリットのほうが大きいことは明確ではないでしょうか。

もしも電気代が気になってなかなかウォーターサーバーに手出しできないというのであれば、節約方法を実践しつつとりあえず試してみることをおすすめします。

どのくらい電気代が上がるのか、それとも電気代はあまり変わらないのか知るためにも、まずは試してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)