TOFFY(トフィー)ウォーターサーバーの口コミ&評判!他社との違いを比較!

TOFFY(トフィー)ウォーターサーバーの口コミ&評判!他社との違いを比較!

TOFFY(トフィー)はキッチン家電でおなじみのブランドで、毎日使うからこそ使い勝手だけではなく、見た目にもこだわった商品が多いのが特徴です。

そんなTOFFYもじつはウォーターサーバーを販売しているってご存知ですか?

しかも、コストパフォーマンスがトップレベルの高く、ウォーターサーバーを設置したいけどコスパに不満を持っている人にはぜひおすすめしたいほどすごいのです!

では、TOFFYのウォーターサーバーは他社のウォーターサーバーとはどこが違うのか、特徴を比較しながら、ユーザーによる口コミもいっしょにご紹介します。

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーの特徴は?

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーの特徴は?

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーは、ウォーターサーバーの中でもなかなか特殊なウォーターサーバーです。

では、他社のウォーターサーバーと比較しながらご紹介します。

特徴1:レンタルではなく購入型

通常、ウォーターサーバーはレンタル型である場合が多いですが、TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーは購入のみでレンタルではありません。

ただ、購入すれば以降は料金が発生しないので、初期費用が多少高くはつきますが、圧倒的にお得です。

他社のウォーターサーバー レンタル料金は月額無料~1,000円くらいまで。平均300~500円ほど
TOFFYのウォーターサーバー 購入のみで価格は税込17,150円

ウォーターサーバーのメーカーによっては、解約時に料金が発生する場合があったり、設置に費用がかかることがありますが、TOFFYの場合は一切ありません

他社は水代+サーバーレンタル料金だけで設置できるので、手出ししやすい一方でTOFFYの場合は購入なので初期費用は高く付きます。

ただし、購入後にとくに費用がかさむということはないため、最終的にはTOFFYのウォーターサーバーのほうがおになります。

特徴2:水はお好みのミネラルウォーターでOK!

TOFFY(トフィー)の魅力はなんと言っても、水をTOFFY側から購入する必要がないということです。

スーパーなどで販売されている、2Lペットボトルのミネラルウォーターを、そのままウォーターサーバー本体にセットすることができるのです!

通常、ウォーターサーバーはウォーターサーバーのメーカーが販売するボトルでなければセットすることはできません。

しかし、TOFFYのウォーターサーバーは市販の2Lペットボトルに対応しているので、自分で好きなミネラルウォーターを選ぶことができるのです。

市販対応だからコスパが良い

海外製やエコボトルには対応していないですが、直径約25mmと28mmの2種類のボトルに対応しているので、国内の銘柄ならほとんど問題なく付けることができます。

ウォーターサーバーのメーカーから水を購入する場合、だいたい500mlで50~80円ほどのコストパフォーマンスになりますが、TOFFYは市販の水でOKなので、500mlで30~50円ほどで抑えることができます。

月々の水にかかる費用を考慮しても、TOFFY(トフィー)はコストパフォーマンスが非常に高いウォーターサーバーだといえるでしょう。

特徴3:いつもの水がセットするだけで超便利に

市販のミネラルウォーターを使用するなら、

ウォーターサーバーを使う必要はないのでは?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、ウォーターサーバーがあればとても便利になるのです。

温水・冷水機能で手間なし

ウォーターサーバーは水をセットすることで、冷水と温水を出すことができるようになります。

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーも、他社のウォーターサーバーと変わらず冷水と温水が一瞬で出せるようになるのです。

わざわざ水を冷やしたり温めたりする必要はなく、いつでも自分好みの温度の水を飲むことができるようになります。

温かい紅茶やコーヒーがすぐに飲めたり、お酒を冷水で割ったりするときにも便利です。

とくにおすすめしたいのが、赤ちゃんのいる家庭でしょう。

1度に冷水と温水の両方が必要になる、赤ちゃんのミルク作りがとてもラクに、時短になるので、ミルクを飲ませるまで赤ちゃんが泣きっぱなしということもありません。

特徴4:メンテナンスもかんたんでしっかりきれいに!

一般的なウォーターサーバーのメンテナンスは、数年に1度しか行われません。

自動でクリーニングする機能を搭載しているウォーターサーバーもありますが、それでも衛生面で気になる部分があるという声も少なくないです、

一方、TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーは自分でかんたんにメンテナンスができます。

ボトルカバーからボトル専用キャップに取水口など、細かく分解することができ丸洗い可能!

さらに、本体はアルコールで汚れを拭き取ることができますし、内蔵水槽も水と重曹でかんたんに洗浄可能です。

お手入れに関しては、1~2週間に1回は衛生面を考えて行うようにしてください。

そうして保っていれば、ウォーターサーバーは衛生面が気になる人も、TOFFYもウォーターサーバーなら問題なく使えるのではないでしょうか。

特徴5:サーバーがコンパクトでおしゃれ

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーは卓上サイズでとてもコンパクトです。

大きさは「幅27cm×奥行き32.5cm×高さ61.7cm」で、キッチンスペースに置ける大きさです。

また、ボトルカバーがグレーの半透明で、ボトルが見えにくくなっているので、生活感が出てしまうこともなく、ウォーターサーバー自体もTOFFYのキッチンツールらしいシンプルなデザインになっています。

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーの口コミ&評判

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーの口コミ&評判

他社のウォーターサーバーとは異なる点が多いTOFFY(トフィー)のウォーターサーバーですが、購入者は満足しているのか、口コミを調べてみました!

TOFFY(トフィー)の評判の良い口コミ

他社のウォーターサーバーの場合は、水の味に関する口コミが多く見られますが、TOFFY(トフィー)は市販の水でOKなので、必然的に機能やビジュアルの口コミのみが投稿されています。

やはりサイズがコンパクトなところや便利なところに満足しているという声が多かったです。

また、2Lペットボトルを交換すればいいので、他社のウォーターサーバーと違って重い水を持ち上げなくていいという点も評価されているようです。

TOFFY(トフィー)の良い口コミ&評判①

コンパクトでとても便利です!

おうちにカフェコーナーができたのが嬉しいです。

TOFFY(トフィー)の良い口コミ&評判②

他社のウォーターサーバーと比べると、冷水温度が若干ぬるい気がしますが、十分冷たい水をおいしく飲めるので満足しています。

お湯もアツアツが飲めるし便利です。

TOFFY(トフィー)の良い口コミ&評判③

ボトルの交換がかんたんで、高齢者でもぜんぜん迷うことなく、ラクにできるのがよかったです。

TOFFY(トフィー)の良い口コミ&評判④

小さくて軽いから持ち運びもできるし、場所をとらないので本当に重宝しています。

いつでも気軽に紅茶やコーヒーが楽しめるし、朝のスープやお味噌汁もあっという間にできるので満足しています。

TOFFY(トフィー)の評判の悪い口コミ

TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーは、はじめのうちはプラスチック特注のにおいや味がしてしまうようです…。

使っていくうちになくなるそうですが、最初に気になるのが嫌な場合は、2Lペットボトルに水道水を入れて、中身を何度か洗浄することをおすすめします。

4~5回ほど洗浄をくり返せば気にならなくなりますよ!

また、TOFFYの冷水は他社のウォーターサーバーと比べると水温が若干高いです。

他社の場合冷水は5℃前後に設定されていることが多ですが、TOFFYの場合は10~15℃です。

TOFFYは電気代も1日約21円と、省エネタイプのウォーターサーバー並みです。

省エネタイプのウォーターサーバーの場合、10~15℃くらいに設定されていることが多いので、TOFFYのウォーターサーバーを購入するなら、省エネタイプのウォーターサーバーを使う感覚だということを理解したうえで購入することをおすすめします。

TOFFY(トフィー)の悪い口コミ&評判①

最初のほうはプラスチック臭くて水に変な味がする。

10Lくらい使うと変な味もにおいもなくなるので一時的なものでうが、そこがちょっと気に入らないです。

TOFFY(トフィー)の悪い口コミ&評判②

温水の蒸気のせいかペットボトルのカバーが曇ってしまいます。

TOFFY(トフィー)の悪い口コミ&評判③

手入れや掃除が意外と面倒だなと感じました。

TOFFY(トフィー)の悪い口コミ&評判④

冷水が思っていたよりも冷たくないなって感じです。

TOFFY(トフィー)の利用で注意すべきこと

TOFFY(トフィー)の利用で注意すべきこと

ここでは、TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーを利用するうえで、気を付けなくてはいけないことについて紹介しておきます。

主に注意すべきことは、以下の5点になりますので、購入後に後悔しないためにも、今の段階から把握しておきましょう。

  1. 水以外で使用してはいけない
  2. やわらかいペットボトルは使用できない
  3. 内臓水槽が水で満たされるまで電源は入れない
  4. 子どもの手の届かないところへ設置する
  5. 壁から25cm以上離して設置する

では、順にそれぞれについて解説していきます。

注意1:水以外を使用してはいけない

TOFFY(トフィー)のボトル専用ウォーターサーバーは、水専用の製品として設計されています。

そのため、同じペットボトルだからといって、お茶やジュースなど、水以外のペットボトルをセットすることは、必ず避けるようにしてください。

故障の原因となってしまいます。

注意2:やわらかいペットボトルは使用できない

このボトルサーバーにセットするペットボトルは、ある程度強度がしっかりしたものでなくてはなりません。

ECOボトルなどの柔らかいボトルの場合、内部の水が逆流して溢れてしまう可能性があります。

そうなると設置した付近も水浸しになってしまい、配線状態によっては非常に危険な状態となってしまうでしょう。

そういった事態を防ぐためにも、必ずセットするボトルについては、TOFFY(トフィー)の指定通り、ある程度しっかりとしたペットボトルを選ぶようにしてください。

注意3:内臓水槽が水で満たされるまで電源は入れない

ボトルサーバーに水をセットする前に、電源ボタンは入れないようにしましょう。

水が入る内部水槽が、水で充分に満たされていない場合、ボトルサーバーの空焚き防止装置が安全のために作動してしまいます。

電源ボタンを入れるタイミングは、ボトルサーバーにペットボトルをセットし、充分に内部水槽が水で満たされている状態となった時となります。

注意4:子どもの手の届かないところへ設置する

このボトルサーバーには、温水コックの方に安全ロックがついてます。

しかし、コックをつまんでいる間は安全ロックが外れる仕組みになっているため、チャイルドロックとしては、少々力不足な面もあります。

そのためボトルサーバーを置く場所は、不要にいたずらされないためにも、小さな子どもの手がかんたんに届かないところにすべきでしょう。

またそういった箇所は、事前に探しておくようにすると、設置の際もスムーズとなります。

注意5:壁から25cm以上離して設置する

TOFFY(トフィー)のボトルサーバーを設置する場合は、背面を壁から25cm以上離す必要があります。

これは一般的な家電製品でもいえることですが、製品自体は稼働すると熱を発するため、その熱の逃げ道を確保してあげる必要があります。

これも不要な故障を防ぐためには必要なことですので、十分広い置き場所をあらかじめ検討しておくようにしましょう。

水代や電気代を抑えたいならTOFFY(トフィー)がおすすめ!

ウォーターサーバーにおいて一番魅力的な機能は、すぐに温水と冷水が楽しめることでしょう。

設置費用やサーバーレンタル料金がかからないウォーターサーバーも多いですが、やはり水代と電気代で高くついてしまうことがあるのも現実です。

ウォーターサーバーの便利な機能は欲しいけど、なるべく水代も電気代も安く済ませたいと思っているのであれば、初期費用は高くついてしまうものの、TOFFY(トフィー)のウォーターサーバーがピッタリではないでしょうか。

お気に入りのミネラルウォーターでウォーターサーバーを使ってみたいという人もぜひ、TOFFYのウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)