【2019年9月】最新のウォーターサーバーおすすめランキング ≫

水道水のカルキ抜きの方法とは?ラクにできるやり方や注意点をご紹介!

水道水のカルキ抜きの方法とは?ラクにできるやり方や注意点をご紹介!

水道水ってあまりおいしくないですよね。

それもそのはず、極微量ではあるものの浄水処理されてから家庭に届くまでのあいだに、さまざまな物質が混ざってしまっているのです。

とくに水道水の味を大きく左右しているのが、水道水を清潔に保つために、雑菌処理で使用されている塩素です。

この塩素こそが、カルキ臭さの原因となっているのです。

要するに、水道水をおいしく飲むなら、カルキを抜けばいいということ!

カルキを抜けば、水道水はだいぶおいしく飲むことができるようになります。

じつは自宅で水道水のカルキ抜きをすることが可能です。

そこでここでは、以下のような疑問にわかりやすく答えていきます。

  • そもそもカルキを抜く必要ってあるの?
  • 自宅でカンタンにできるカルキ抜きの方法が知りたい
  • カルキ抜きで注意することはあるの?
  • カルキ以外にも気を付けることはある?

この疑問がなくなる頃には、水道水への考え方が変わっているかもしれません。

これを機に、自宅の水道水をより安全に、おいしい水へと変えていきましょう!

そもそも水道水のカルキとはどんなものなのか?

水道水って独特の臭みがありますよね。

その独特の臭みは錆やカビなどさまざまなものが原因となっていますが、大きな原因であるのが「カルキ」です。

水道水をよく味わって飲むと、なんとなくカルキ臭さがわかると思います。

そんな独特の臭みを生み出しているカルキの正体は、塩素を含んだ石灰です。

この石灰の濃度に危険性はなく、安心して飲むことができます。

ただ、どうしてもこの独特な臭いが気になる方もいるでしょう。

しかし、見方を変えれば、しっかりと殺菌が行われた証拠でもあるのです

ちなみにこのカルキは、「残留塩素」とも呼ばれています。

なぜ水道水にそんなものが入っているの?

なぜ水道水はカルキ臭いのかというと、水道水を消毒する際に、次亜塩素酸カルシウムと呼ばれる薬品が使われているからなのです。

この次亜塩素酸カルシウムは、文字通り塩素を含んでいる石灰であり、塩化石灰やさらし粉とも呼ばれています。

じつは、塩素消毒を行ったあと、家庭の蛇口に水が届くまでに塩素を抜くこと自体は技術的に可能です。

しかし、雑菌の繁殖を防ぐために、蛇口での残留塩素濃度を0.1mg/L以上保たなければならないと水道法によって定められているのです。

なので、残留塩素を完全に除去し、カルキ臭さを抜くためには、各家庭でカルキ抜きを自己責任で行わなければならないのです。

なぜ水道水はカルキ抜きが必要なの?

なぜ水道水はカルキ抜きが必要なの?

殺菌効果のある塩素を、なぜ取り除く必要があるのでしょうか。

こういった話題が出るのは、カルキに含まれる塩素に、人によってはからだの一部で影響がある可能性があるためです。

ここではその影響について、2つほど紹介しておきます。では早速みていきましょう。

必要性1:髪の毛への影響があるため

カルキで心配することとして、まず挙げられるのは、髪の毛への影響でしょう。

塩素は、たんぱく質を壊してしまう可能性があります。それにより乾燥なども引き起こすともいわれています。

こういった特性がカルキにはあることから、水道水で髪を洗った後の髪質は、ギシギシとした感じになるのでしょう。

もし普段使用しているシャンプーなどを変えても、頭皮や髪の毛の痛みが気になっている場合は、一度カルキ抜きをした水道水を利用してみるといいかもしれません。

Tips

日本の水道水に含まれるカルキは、健康に害が出ないように水を消毒しているものですので、健康に害がないほど微量となります。

まずは、髪の毛などのダメージは本当にカルキによるものなのかを、しっかりと判断するようにしましょう。

必要性2:皮膚への影響があるため

皮膚も先ほどの髪の毛と同じように、たんぱく質が塩素により壊れてしまうことで、乾燥や肌荒れの原因になると懸念されています。

とはいっても、水道水を使っている方みんなが、そういった症状になるわけではありません

気を付けたい方としては、敏感肌の方やアトピーの方となります。

こういった方については、一度カルキ抜きした水で洗顔などをしてみて、皮膚の状態を観察してみるようにしましょう。

もしそれで良い方向になるのなら、カルキが原因となっていた可能性があります。

通常はそこまでの影響を気にすることはありませんが、乾燥肌が気になる方は一度試す価値がありそうです。

水道水をカルキ抜きをするときの注意点

水道水をカルキ抜きをするときの注意点

水道水はカルキを抜くことで、独特の臭みをなくしておいしく飲むことができるようになります。

しかし、カルキを抜く際に注意しなければならない点があります。

カルキの正体は、塩素を含んだ石灰。この塩素が含まれているのは「殺菌」するためです。

なので、カルキが抜かれていない状態の水道水は、ある程度雑菌が繁殖しにくい水となっています。

しかし、カルキを抜いてしまうと、水道水の殺菌力がなくなってしまうため、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

つまり、カルキを抜くということは、水が傷みやすくなり保存がきかなくなるということ。

なので、カルキを抜いた水を保管する際は、清潔な容器で保管するようにしましょう。

そして、なるべく早く使い切ることが大切です。

目安としてはその日中、どんなに時間が経っても2日以内には消費するようにしてください。

水道水をカルキ抜きする方法

水道水をカルキ抜きする方法

水道水のカルキを抜く方法は意外とかんたんです。

やり方によって、カルキが抜けるまでにかかる時間などが異なるため、自分に合ったやり方で行うことをおすすめします。

誰でもできる!水道水のカルキ抜きをする方法

いますぐにでも、誰でもできるカルキ抜きをする方法は、「水を沸騰させる」方法です。

やり方は、水を鍋ややかんに入れて10分以上沸騰させるだけとなります。

20分ほどでいいと言われていますが、理想は40分です。

というのも、水道水を約10分沸騰させることで、カルキはトリハロメタンに変化するためです。

トリハロメタンとは

トリハロメタンとは、殺菌の際に使われる塩素によって発生するものです。

代表的な発がん性物質としても有名な物質となります。

そして、このトリハロメタンを除去するには、40分ほど沸騰させて気化させなければならないのです。

注意

ちなみに、10分ほど沸騰させればカルキは抜けるものの、トリハロメタンが沸騰前に比べて何倍にも増えている状態なので、そのまま飲むことはおすすめできません。

白湯は50℃くらいのお湯ですが、作るためには1度沸騰させる必要があります。

50℃でやめずに沸騰させなければならないのは、じつは水道水のカルキを抜いて飲みやすくするためなのです。

ただ、40分近くも沸騰させ続けなければならないのは、手間がかかるうえにガス代もかかってしまうためあまりおすすめできません。

放置するだけでOK!お手軽カルキ抜き方法

じつは、水道水は汲み置きをするだけでもカルキを抜くことができます。

やり方は、水道水を容器に入れて放置するだけです。

時間はかかるものの、1日に飲む分をまとめてカルキ抜きすればいいので、人によってはそこまで手間ではないかもしれません。

放置する時間は6時間~24時間となります。

カルキをしっかり抜くなら日光をしっかり当てることが重要です。

株式会社キョーリンによる汲み置きでのカルキ抜きの実験では、以下のような結果がでました。

条件 結果 残留塩素濃度(mg/l)
24時間室内で放置した場合 半減 0.29
24時間日光にあたる屋外で放置 除去 0.01
11時~17時の6時間、日光にあたる屋外で放置 除去 0.01
11時~17時の6時間、アルミを巻いて屋外で放置 半減 0.34

この実験結果を見てわかるとおり、日光にしっかり当てることで、比較的短時間でカルキをしっかり抜くことが重要なようです。

カルキ抜きをして上質な水を作る方法

竹炭や備長炭を水道水に入れることで、カルキ抜きをすることができます。

炭には浄化する作用があるため、カルキだけでなくトリハロメタンやそのほかの雑菌、さらに臭いのもととなる物質を除去することができるのです。

さらに、炭からミネラルが溶け出して、水道水から良質な飲水を作ることができます。

やり方は、1リットルの水道水に対して150g程度の炭を入れて、一晩ほど放置すれば完了です。

天候に左右されないうえに、冷蔵庫で冷やしながらできるので、できあがった水はすぐに飲むことができます。

注意

ただし、炭は使用前に水でしっかり洗うことです。

洗ったら、1度水といっしょに煮立たせて放置し、その後しっかり乾燥させる必要があります。

少し手間がかかりますが、質のよい水を飲むことができるので、試してみる価値はあるでしょう。

ラクに!かんたんにできるカルキ抜き

放置するだけでもかんたんですが、さらにラクにかんたんにできるカルキ抜きの方法をご紹介します。

中和剤を使う方法

パイポと呼ばれる中和剤を使うことで、短時間でカルキを抜くことができます。

やり方は、水道水に中和剤を入れて放するだけです。

時間は中和剤の種類によって異なりますが、だいたい5分前後が多いようです。

注意

注意点としては、中和剤は魚を飼育するためのカルキ抜きの方法なので、中和剤を使ってカルキ抜きをした水は飲水としては使えません

中和剤に使われているチオ硫酸ナトリウムは、有害な成分ではないため、人間にも無害なので飲めないわけではありませんが、あくまでも魚用なので飲むことはおすすめしません。

レモンを使う方法

よく飲食店などで水にレモンが入っていることってありますよね。

ミネラルウォーターが使われていることもありますが、飲食店によっては水道水を使っていることもあるのです。

しかし、水道水をそのまま出すのはカルキ臭いので、レモンを入れているというわけです。

じつはレモンに含まれているビタミンCが、塩素と結びつくことで酸化ビタミンCなど、塩素以外の物質に変化します。

その結果、カルキ臭さを抜くことができるのです。

さらに、レモンの香りと風味でよりカルキ臭さがなくなります。

やり方は水道水にレモン汁を加えるだけです。放置する必要もありません

コップ1杯分程度なら、レモン汁は1滴だけで大丈夫だそうです。1リットルでも2~3滴ほどでいいので、風味も大きく変わりません。

POINT

レモンを用意するのが手間な場合は、瓶や容器に入って売られているレモン汁で問題ありません。

コストパフォーマンスも高い上に、とてもカンタンにできるのでおすすめできる方法です。

もっとラクに水道水のカルキ抜きする方法はある?

もっとラクに水道水のカルキ抜きする方法はある?

じつは、もっとラクにかんたんに、一瞬でカルキ抜きをする方法があります。

ここまでのカルキ抜きの方法をご覧のとおり、これを毎回やるとなると、かなりの労力がかかるものです。

そのため、「継続できるのか?」という視点から考えると、なかなかむずかしいものがあるでしょう。

ここでは、自身でカルキ抜きをするという発想を捨てて、別の方向から水道水のカルキを避ける方法をお伝えしていきます。

これら方法は全部で4つです。では、順に確認していきましょう!

1:ミネラルウォーターを購入する

カルキ抜きをすることが面倒ならば、いっそのこと水道水を飲まないのもひとつの手段ではないでしょうか。

たしかに毎回購入する手間はでてきますが、毎回好きなブランドのミネラルウォーターを選ぶこともできます。

ミネラルウォーターなら、どこにでも販売されていますし、2リットル入りの大きな商品を購入すればコストパフォーマンスも悪くありません

クリアで飲みやすいうえに、ミネラルが豊富なので甘味なども感じられますし、カルキ抜きをした水道水よりもおいしく飲めるのではないでしょうか。

本当におすすめのミネラルウォーター比較!選び方や美味しい水の条件とは?本当におすすめのミネラルウォーター比較!選び方や美味しい水の条件とは?

2:浄水器を使う

次に紹介する方法は、浄水器を使用することです。浄水器であれば、数百円から購入することができます。

ただし、浄水器は種類によって除去できる物質が異なるため、カルキ臭さが抜けきらない場合もあるでしょう。

除去物質については、基本的に記載されていますから、よく確認しながら購入することが大切です。

また浄水器の場合、お湯を利用できないこともありますので、その点も注意深く確認するようにしましょう。

肝心のコストパフォーマンスは、カートリッジ交換が数ヶ月に一度必要となり、そのたびに数千円必要となります。

ただ、水道水を一瞬にして、おいしい水へと「ろ過」してくれるため、コスパ面では優秀といえるでしょう。

蛇口直結型浄水器のおすすめは?コスパと機能で徹底比較蛇口直結型浄水器のおすすめは?コスパと機能で徹底比較

3:ウォーターサーバーを使う

ウォーターサーバーの場合は、天然水が届くイメージが強いですが、それだけではありません。

水道管とサーバーをつなぎ、そこから水道水をひいて「ろ過」するタイプもあります。

このタイプでは、水道水をROフィルターと呼ばれる超微細なフィルターに通し、不純物を徹底的に取り除きます。

その結果、純水に近いピュアウォーター(RO水)ができるというものです。

性能と料金について

ろ過性能では、浄水器をも上回るものも多く、安心して利用することができるでしょう。

またなによりも、冷水はもちろん熱いお湯についても、いつでも好きな分だけ利用できるメリットがあります。

肝心の料金については、定額制で毎月4,000円程度で利用することができます。

この料金には、大抵メンテナンス代も含まれているので、長期での利用予定がある方や毎月キレイな水たくさん使いたい方におすすめといえるでしょう。

水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング!選び方とおすすめは?水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング!選び方とおすすめは?

4:スーパーの無料水をもらう

スーパーではボトルを1回購入するだけで、何回でも無料でお水をもらうことができる無料水を設置しているスーパーがあります。

じつはこの無料水は、ほとんどのスーパーでは水道水をROフィルターでろ過した、RO水を提供しているのです。

要するに、ほぼ純水でカルキなどの不純物がほとんど含まれていない水ということです。

もともとカルキ抜きされている水が、ボトルを購入するだけで無料でもらえるのですから、コストパフォーマンスも高いです。

買い物のついでにもらっていけるので、そこまで手間はかからないのではないでしょうか。

ただし、塩素を含まないRO水ですから、日持ちはしません。

またボトルも自宅管理のため、衛生面も完ぺきとは言えないでしょう。

そのためそのまま飲むのではなく、一度煮沸や料理に利用するなど、工夫が必要となります。

水道水の問題はカルキだけではない

水道水の問題はカルキだけではない

さて、ここまでで水道水に含まれる「カルキ」について注目してきましたが、どうやら問題はそれだけではないようです。

一体どういった問題が水道水にはあるのでしょうか。

早速、その点についてみていきましょう。

カルキ以外の問題とは

実のところ、水道水の問題点はカルキだけではありません。

基本的に、日本の水道水はキレイです。ただ、浄水場から自宅の蛇口に届くまでの給水管は本当にキレイなのでしょうか。

場所によっては、法定耐用年数である40年を超えているケースもあるかもしれません。

仮に40年と言わないまでも、給水管の中は、長年の利用によりサビやカビなども発生している可能性もあるのです。

そうした状況にある給水管を通って、私たちの家庭の蛇口から出てくるわけですから、それなりに不純物は含んでいます。

Tips

その他の水道水の影響や成分を知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみるといいでしょう。

意外な気づきがあるかもしれません。

日本の水道水の成分!沸騰したら飲める?安全性は?日本の水道水の成分!沸騰したら飲める?安全性は? 水道水は危険!?おすすめできない理由と安全に水を飲む方法水道水は危険!?おすすめできない理由と安全に水を飲む方法

ではこれら不純物は、一体どうしたら取り除けるのでしょうか。

お察しのとおり、もちろんカルキ抜きだけでは対処できません。

カルキ抜きだけでは対処ができない

ここまでの話になってくると、自身でどうにかできるものではなくなってきます。

自身で行えるカルキ抜き以外の方法としては、結局のところ、

  • ミネラルウォーター
  • 浄水器
  • ウォーターサーバー
  • スーパー無料水(RO水)

を活用していく以外、現状はないのでしょう。

もちろん、全部の水道水がダメというわけではありません

給水管の状態にもよりますし、中には天然水が水道から出てくる地域もありますから、環境による悪い影響がなければ安全に利用ができます。

ただ自身や家族の健康も考え、より安全にするためには、何かかしらの対策をとる必要がありそうです。

水道水の「カルキ抜き」を機に他にも注目してみよう

さまざまな方法で水道水のカルキを抜くことができます。

しかし、時間がかかったり手間がかかったりと、やり方によっては自身に合わない方法もあるかと思います。

カルキ抜きだけに注目するのなら、ここで紹介してきた方法を試してみて、自身に合うものを見つけてみてください。

また基本的に水道水は安全ではありますが、より安全を求めるのであれば、カルキ以外にも注目すべきでしょう。

とくに赤ちゃんのいるご家庭など、体調を気遣う必要がある場合では、とくに安全性を確保したいものです。

「カルキ抜き」に注目したことを機に、ぜひ一度、水道水への考え方を改めてみてください。

きっと色々なことが分かってくるはずです。

健康を第一に、快適な生活をはじめていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)