水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング!選び方とおすすめは?

水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング!選び方とおすすめは?

ウォーターサーバーには、タンクやボトルに入った水を使うタイプと水道水から水を引くタイプの2種類があります。

どちらにもメリットやデメリットがありますが、最近注目を集めているのは水道水から水を引くタイプ。

まだまだタンクやボトルのウォーターサーバーに比べると少数派ですが、近年水道水タイプも増えているんです。

水道水から水を引くタイプにはどんな魅力やメリットが、またどんな種類があるのでしょうか?

そこで今回は、おすすめの水道水直結型ウォーターサーバーをご紹介します。

選び方や比較表もご紹介するので、水道水直結型ウォーターサーバーの導入をご検討されている方は必見ですよ!

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

まずは水道直結型ウォーターサーバーのメリットとデメリットをご紹介します。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット

水道直結型ウォーターサーバーのメリットを2つご紹介します。

これらに大きな魅力を感じる方には、水道直結型ウォーターサーバーがおすすめです。

メリット1:水代を気にせず好きなだけ飲める

水道水直結型ウォーターサーバーのメリットは、水代を気にしなくていいこと。

飲み水代で毎月数千円がかかると思うと、結構大きな出費ですよね。

水道水直結型ウォーターサーバーを利用すれば、水道代は当然かかりますが、ボトル型のウォーターサーバーよりもはるかに経済的です。

毎日使う水だからこそ、コストを下げることには大きな価値があります。

メリット2:ボトルの受取やストックの保管の手間がかからない

ボトル型のウォーターサーバーで手間なのは、ボトルの受取や使用前のボトルの保管など、ボトルの管理となります。

宅配ボックスからボトルを運ぶのは重労働ですし、災害時の備蓄水になるとはいえストックしすぎると邪魔にもなるでしょう。

水道水直結型ウォーターサーバーは、特に給水をしなくても、いつでもほしい量の水を飲めます。

ストックの場所を取らないので、狭い家でも安心して利用できます。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

続いては、水道直結型ウォーターサーバーのデメリットを3つご紹介します。

デメリット1:設置場所を選ぶ

水道水直結型ウォーターサーバーは「水道水直結型」というだけあり、水道とウォーターサーバーを繋ぐ必要があります。

そのため、水道水直結型ウォーターサーバーは、基本的に水道から離れたところに設置することはできません。

水道が通っていない部屋にウォーターサーバーを置けるかどうかは、業者にもより異なります。

設定場所にこだわってウォーターサーバーを選ぶと、デザインや温度設定など、希望する条件に合うウォーターサーバーを選べない可能性も稀にあるでしょう。

デメリット2:設置・取外の工事に立ち会う必要がある

ボトル型のウォーターサーバーなら、工事が必要なパターン以外に、業者から送られてきたものを自分で組み立てるパターンもあります。

しかし、水道水直結型ウォーターサーバーは工事が必須です。

そのため、工事に立ち会うためのスケジュール調整をしなくてはいけません。

土日は工事以来が殺到するので希望の日程が取りづらく、平日は仕事の予定次第なので、ギリギリまで時間を確保できるかわからないなんてこともあるでしょう。

スケジュール調整が面倒なのはもちろん、業者の人を家に入れるのに抵抗がある方も、中にはいるのではないでしょうか。

スケジュールの確約が難しい人や、業者であっても知らない人を家に入れるのに抵抗がある人は、水道水直結型ウォーターサーバーは避けた方が無難です。

Tips

水道管の工事といっても、そんなに大げさなものではありません。復旧可能なかんたんな工事となるため、賃貸物件であっても、基本的には利用が可能です。

気になる方は、業者に直接問い合わせてみてもいいでしょう。

デメリット3:水の質は水道水に依存する

水道直結型ウォーターサーバーのデメリットとして大きいのは、機器によっては水質は水道水次第ということです。

水道水がおいしい自治体なら問題ありませんが、水道管などが汚れており味があまり良くない自治体の場合は、期待ほどはおいしくならない可能性もあります。

もちろんこの点は、どのくらいの浄水能力をサーバーが持っているのかによっても変わってくるでしょう。

あまり浄水能力が優れていない場合では、ある程度の不純物が「ろ過」できても、味を大きく変えるわけではないので要注意です。

反対に浄水能力が優れているものでは、徹底して不純物を「ろ過」してくれるため、ピュアウォーターに近い水になります。

水道直結型ウォーターサーバーの選び方

水道直結型ウォーターサーバーの選び方

続いて、水道直結型ウォーターサーバーの選び方を3つご紹介します。

どれも重要なポイントなので、選び方の優先順位を決めておくことで、スペックが似た水道直結型ウォーターサーバーで悩む必要はありません。

選び方1:お手入れ方法

毎日飲む水なので、当然ウォーターサーバーには衛生面のスペックを求めます。

お手入れの頻度お手軽さは、必ずチェックしましょう。

お手入れの頻度が高いことと清潔さはイコールですが、お手入れ頻度の低さと不潔さは必ずしもイコールでないことは重要です。

なぜなら、サーバー内で自動的にお手入れしてくれるものもあるためです。

忙しい方は頻繁にお手入れしなくても、サーバーが自動で衛生的な状態を作ってくれるものを選ぶのも、一つの方法です。

どこまで分解できるかなど要確認

お手入れの簡単さにおいては、パーツの分解レベルをチェックしましょう。

大きなパーツを分解するだけなのか、細かいパーツも分解する必要があるのか、購入後のお手入れに大きな差が出ます。

また、

  • 水洗いするだけでいいのか
  • 食器用洗剤を使えるのか
  • はたまた専用の洗剤が必要なのか

など、洗剤などについてもお見逃しなく!

選び方2:フィルターの種類

水道直結型ウォーターサーバーの味は、フィルターの種類によって変わってきます。

ではどんな種類のフィルターがあるのでしょうか。

フィルター選びはサーバーの水の質が決まる重要なポイント

水道直結型ウォーターサーバーのフィルターには、

  • ただ「ろ過」するだけのフィルター
  • ミネラルを補充できるフィルター
  • ものによっては水道水を水素水にするフィルター

と、製品によってもさまざまな種類があります。

水道水は選べないからこそ、フィルター選びが日々の飲み水の質を決めるポイントになるのです。

選び方3:機能面の充実

水道直結型ウォーターサーバーは、機能が充実しているかどうかも重要なポイントです。

ここでの機能には、温度調節などの水に直接関係あるスペックはもちろん、サーバーの大きさや電気代などのスペックも含まれます。

温度調節やチャイルドロックなど細かいところも確認

特に注視したいのは、温度調節やチャイルドロック。

温度調節は細かく調節できるものがベストです。

しかし、細かく調節できるものは少ないので、常温水を飲めるウォーターサーバーを選ぶことで用途がぐっと広がります。

小さな子供や高齢者がいる家庭の場合、何かのはずみで熱湯が出ることがないよう、チャイルドロック機能は優先的にチェックしたほうがいいでしょう。

水道直結のおすすめウォーターサーバーの比較表

水道直結のおすすめウォーターサーバーの比較表

ここからは、いよいよ本題の水道直結型ウォーターサーバーの比較をしていきます。

厳選した人気の5社の基本情報を徹底比較して、以下の表にまとめておきます。

それぞれの詳しい特徴については、ランキング形式により次項で紹介します。ここでは値段などを考慮し候補を絞っておくといいでしょう。

  楽水 クールクー ウォータースタンド ダイオーズ シャイン

ウォーター

レンタル代/月 3,400円~ 4,200円~ 3,980円~ 2,980円~ 3,000円
温度設定 冷水、温水、

常温水(種類による)

冷水、温水 冷水、温水、

常温水(種類による)

冷水、温水、

常温水

冷水、温水(各3段階)
設置費 5,000円~ 初回費用に含まれる 無料 10,000円 無料
フィルター RO水 RO水、RO水素水 ナノトラップ、RO水 RO水 活性炭
メンテナンス セルフ 訪問 訪問 セルフ セルフ

水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング

水道直結型のウォーターサーバー比較ランキング

比較表をもとにある程度の候補は決まったでしょうか。

ここでは、それぞれの特徴やサービスを考慮して、ランキング形式に紹介していきます。

ぜひ、自身に合う水道直結型ウォーターサーバーを見つけるのに、お役立てください。

第5位:シャインウォーター

おすすめ水道直結型ウォーターサーバーシャインウォーター

第5位はシャインウォーター

ただしこのウォーターサーバーは、水道直結型ウォーターサーバーではなく、水道水を自身でサーバーのタンクに汲み入れる給水タイプとなります。

これが人気の理由は、設置費などの初期費用が一切かからないことと、6段階の温度調節です。

冷水は「5℃・8℃・10℃」、温水は「80℃・85℃・90℃」と細かい設定ができます。

お茶やコーヒーは5℃の違いもかなり大きいと言われているので、好きな方にとっては大きなメリットです。

注意

シャインウォーターは、自身でサーバーのタンクに水道水を注ぎ入れる給水タイプです。

またサーバータンクに入れる水は、必ず水道水を利用するようにしてください。

独自のトリプルクリーンシステムで赤ちゃんにも安心

シャインウォーターでは、独自のトリプルクリーンシステムを採用しています。

まず、水道水のニオイの原因となっていた塩素をガス化させることで取り除き、タンク内の空気と水道水をきれいに保ちます。

続いて、冷水タンクのUV除菌ランプで水道水に紫外線を照射。

目に見えない菌を取り除くことで浄水された水をさらにきれいで美味しくします。

最後は高熱線で熱処理を行い、紫外線では対処できなかった菌を加熱殺菌。

このトリプルクリーンシステムはシャインウォーター独自のもので、これによって水道水を赤ちゃんでも美味しく飲める水にします。

第4位:ダイオーズ

おすすめウォーターサーバーダイオス

第4位は、ダイオーズのウォーターサーバーピュレスト。

すっきりしていてスタイリッシュな見た目が特徴で、どんな部屋に置いても浮きません。

水栓にアダプターをつけるだけなので、設置作業も簡単です。

逆浸透膜フィルター(ROフィルター)で水道水を「ろ過」するので、ボトル型のウォーターサーバーさながらの舌触りを味わえます。

卓上タイプもあるから置き場所に困らない

ダイオーズのウォーターサーバーの嬉しいポイントは、床置きタイプの他に卓上タイプがあることです。

床置きタイプはスペースがないと置きづらかったり、コンセントに足を引っかけてしまう懸念があったり、何かと不便です。

卓上タイプなら、スペースを取らないので、カウンターの上など高さがある場所にも設置可能となるでしょう。

そのため、子供が背伸びをして使おうとしたり、大人が腰をかがめて使おうとしたりすることはありません。

安心さや利便性の面でも優れた水道直結型ウォーターサーバーとなります。

第3位:ウォータースタンド

おすすめウォーターサーバーwater stand

第3位はウォータースタンド

通常の料金プランとともに長得(ちょうとく)プランがあり、長期利用を考えている方には長得プランがおすすめです。

■ 長得プランとは

長得プランとは、「長得・登録料」 10,000円を払えば、毎月のレンタル費が480円安くなるプランのことです。

支払額は21カ月目で通常プランとほぼ同額になり、22カ月目からは長得プランの方がトータルコストは低くなります。

目安として2年以上の導入を検討されている方であれば、長得プランを検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーは驚きのウォータースタンド10種類!

さらに、ウォータースタンドの水道水直結型ウォーターサーバーは全10種類。

大きさや温度設定、フィルターなど、さまざまな部分に違いがあるので、目的に合ったものを選んでください。

一部のウォーターサーバーでは長得プランを適用できないので、長得プランを考えている方はそこもよく確認しましょう。

ウォータースタンドウォータースタンドの口コミ&評判!水道水で美味しい水が飲める仕組みとは?

第2位:クールクー

おすすめウォーターサーバーcoolqoo

第2位はクールクー

クールクーが人気を呼ぶ理由は2つとなります。

水道が近くなくてもいい

一つは水道管からパイプを引く拡張工事によって、水道が近くにない場所にもウォーターサーバーを設置できること。

天井を這わせたりパイプを隠す資材を使ったりすることで見た目もきれいに仕上がり、子供やペットがパイプなどに足を引っかける心配はありません。

拡張工事をしても、基本的に追加料金は発生しないので、金銭面でも安心です。

水道直結型では珍しい!水素水が飲めるウォーターサーバー

クールクーの人気の理由二つ目は、水道水直結型では珍しく水素水を飲めること。

水素水対応のプランは、月額9,000円と高額ですが人気のプランです。

既成のウォーターサーバーに、水素水フィルターを取り付けるので、新鮮な水素が入った水素水を堪能できます。

CoolQoo(クールクー)CoolQoo(クールクー)の口コミ&評判!定額制で水が飲み放題の仕組みとは?

第1位:楽水ウォーターサーバー

おすすめウォーターサーバー樂水

栄えある第1位は、楽水ウォーターサーバー

第4位のダイオーズでもレンタルできるピュレストをはじめ、さまざまなウォーターサーバーをレンタルしています。

大容量プランもあるので、オフィス用にもおすすめです。

長期利用でお得な買取プランも

楽水のメリットは、長期利用を見据えた買取プランがあること。

17万円からと決して安くありませんが、6年以上使うのであれば買い切りプランで購入したほうがトータルコストを抑えることができます。

1年間のメーカー保証もつくので、万が一のときも安心です。

楽水ウォーターサーバーの口コミ&評判!水道直結で使えるサーバーの凄さとは?楽水ウォーターサーバーの口コミ&評判!水道直結で使えるサーバーの凄さとは?

水道直結型ウォーターサーバーを利用する際の注意点

水道直結型ウォーターサーバーを利用する際の注意点

ここでは、水道直結型に限らず、ウォーターサーバー全体にいえる注意点を紹介しておきます。

主に注意すべき内容は、3つです。では早速見ていきましょう。

注意点1:対応エリアかどうか

ウォーターサーバーで全体的にいえることですが、レンタルする場合、対応しているエリアが限られている場合があります。

そのため候補が絞れた段階で、自身がその対応するエリア内に住んでいるのかを確認するようにしましょう。

注意点2:解約金はないか

水道直結型に限らず、レンタルをするタイプのウォーターサーバーでは、契約期間に規定がある場合が多く、その期間を過ぎる前に解約した場合では、解約金が発生することがあります。

この解約金は、1万円前後であることが多く、サーバーの撤去手数料などの名目でもかかることもあります。

また解約金の額は、プランによっても異なることがあるでしょう。そのため、これについても事前に確認しておくことをおすすめします。

注意点3:水の長期保存はきかない

基本的に「ろ過」した水については、水道水に含まれる殺菌作用のある残留塩素も取り除かれているため、長期保存がききません。

ろ過した水については、早いうちに使い切るようにしましょう。

目安としては2~3日以内となります。

水道直結型ウォーターサーバーでお得に美味しい水を飲もう

今回は、おすすめの水道水直結型ウォーターサーバーをご紹介しました。

まだボトル型に比べると、水道水直結型は種類が少ないです。

しかし、種類は少ないのにバリエーションは豊富で、どれも魅力的に映ります。

どれがいいかわからないときは優先順位を付けて選ぶのがおすすめです。

メーカーによってはお試し期間もあるので、工事などの手間はかかりますが、毎日の飲料水なので徹底的にこだわって決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)