【2019年9月】最新のウォーターサーバーおすすめランキング ≫

天然水の作り方!完成までの道のりやおすすめ利用方法について

天然水の作り方!完成までの道のりやおすすめ利用方法について

「美味しい水」と聞いたら、みなさんはどんな水を連想しますか?

やはり採水地にこだわっているイメージの「天然水」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

天然水と名がついていると、なんとなく安心感もありますよね。

しかし、実際「どのくらい安全なのか」を知っている方は少ないかもしれません。

毎日利用する水だからこそ、正確な知識を持っておきたいところです。

そこで今回は、天然水の作り方を徹底調査。

商品として販売されるまでの道のりをたどってみると、天然水ならではの魅力が見えてきました。

ここでは、以下のような疑問を解消していきます。

  • 天然水で知っておくべき基礎知識は?
  • 天然水って危険って聞いたけど?
  • おすすめの活用法はある?
  • 自宅でもっと手軽に天然水を楽しむには?

これを機に、天然水に関する正しい知識をしっかりとつけていきましょう!

そもそも天然水ってどんな水?

そもそも天然水ってどんな水?

まずは天然水がどのような水なのか、天然水の特徴について理解を深めておきましょう。

天然水とは

天然水とは、その名の通り「天然の成分を含む水」のことです。

具体的には特定の水源で採水され、必要最低限の「ろ過処理」や「加熱殺菌処理」のみ行われるため、天然のミネラルが豊富に残った身体にうれしい水といえます。

ちなみに、私たちにとって一番身近な水である「水道水」は、河川やダムなどから採水した水を塩素消毒し、各家庭に届けられるしくみです。

非常に安価で利用しやすい半面、残留塩素やトリハロメタンなどの有害物質による身体への影響が懸念されています。

以下の記事では、その点にフォーカスして解説をしているので、気になる方は一度目を通してみるといいでしょう。

水道水は危険!?おすすめできない理由と安全に水を飲む方法水道水は危険!?おすすめできない理由と安全に水を飲む方法

天然水はRO水とは違うの?

また、ウォーターサーバーなどでよく見かけるRO水は、水道水や天然水をROフィルターという高性能なフィルターを用いてろ過した水なので、安全性はとても高いです。

ただし、不純物と一緒にミネラル成分も除去されてしまうため、味気ないのが気になるところ。

あとから人工的にミネラルをプラスして味を調整しているメーカーもありますが、天然のミネラルは一切含まれていません

こうして比較してみると、天然のミネラルが豊富で味わい深く、しかもきちんと浄化処理がされている天然水は非常に魅力的ですね。

水にこだわる方に選ばれることが多い理由は、まさにここにあるといえるでしょう。

Tips

さらに天然水とRO水について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になりますので、サッと目を通してみても良いでしょう。

天然水とRO水の違いを徹底解説!安全性や保存性に優れているのは?天然水とRO水の違いを徹底解説!安全性や保存性に優れているのは?

天然水の採水地について

天然水の採水地は全国各地にありますが、どの土地も国の厳しい基準を通過し、水質が優れていると認められています

天然水を取り扱っているメーカーは、それらの土地のなかから独自のこだわりで採水地を選び、商品として提供しているのです。

天然水の採水地として有名どころといえば、南アルプス富士山麓南阿蘇などが挙げられるでしょう。

採水地によって土地環境が異なることから、場所によって採れる水の硬度や成分に違いがあります。

共通しているのは、自然由来のミネラルを多く含んでいるため、まろやかな味が楽しめることです。

その深みある味わいは、ほかの水では決して表現できない、天然水ならではの特徴といえます。

天然水は危険?安心して飲んでも良いのか

天然水は危険?安心して飲んでも良いのか

天然水というと、なぜか安全なイメージを抱きやすくもありますが、本当にそうなのでしょうか。

実は天然水といっても危険があるかもしれないのです。

ここでは、その危険性と知っておくべき基準や各社の配慮について紹介しておきます。

では早速、順にみていきましょう!

自分で汲みに行く天然水は必ずしもキレイではない

日本各地には、環境省が厳選した「名水百選」という水汲み場所があります。

しかし、この名水百選であっても、そのままの原水を安心して飲めるわけではないのです。

湧き水(天然水)は人間だけのものではない

よく考えてみるとわかるのですが、その近辺には多くの野生動物も生息しており、その動物たちも飲み水として利用していたりします。

その際には、動物の毛はもちろん、排泄物も入りこむ可能性があるのです。

もし、そういったものが入りこめば、当然雑菌繁殖してしまいますよね?

また、問題はコレだけではありません。

危険物質見つかる名水も

天然水の中でも、湧き水(自然に地表に出ている水)は、周辺の環境に左右されやすいものです。

そのため、周辺環境が悪化をすれば、水質も当然悪化をしてしまうのです。

実際に名水の中には、残念ながら危険物質が見つかってしまってしまい、利用ができなくなった場所も存在します。

また東日本大震災以来、放射性物質への懸念も出てきました。

これらを踏まえると、天然水を自身で汲みに行く方法は、あくまで自己責任でそれなりのリスクはあるものと理解すべきなのです。

天然水に対しては、過信しないことが大切です。

水道水と天然水の安全基準の違い

次に気になる点は、「市場に出回る天然水の安全性はどうなのか」という点となります。

この点については、水道水と比較して考えると、基準の判断がつきやすいでしょう。

まず水道水は、水道法第4条によって、51項目にも及ぶ検査基準が設けられています。

たいしてミネラルウォーター(天然水を含む)はというと、食品衛生法第11条で39項目の検査基準と、水道水よりも少ない検査項目で良しとされているのです。

また、もし殺菌や除菌処理を行わない場合では、わずか14項目で良いとされています。

こう考えると、天然水に対して不安を感じるのではないでしょうか。

しかし、その不安をかき消すように、各社とも努力をしているのです。

その努力は次で解説していきますね!

独自の検査項目を設けて安全へ配慮

天然水を飲料水として提供している会社は、その安全性に配慮し外部の検査機関に水質検査の依頼をしたり、自社で検査体制を徹底していることが多いものです。

たとえば、「サントリー天然水」が提供しているウォーターサーバーの水ボトルでは、水道水の基準に加え独自検査項目を設け、200項目を超える検査を日々実施しています。

水ボトルは、その厳格な検査項目のすべてにクリアしなければ出荷されないため、その安全性は言うまでもありません。

また最近では、放射性物質の検査を行い、その結果についても開示する企業も増えています。

天然水を選ぶ際は、そういった安全面を注視しながら選ぶと良いかもしれません。

天然水の作り方

天然水の作り方

天然のミネラルが豊富で、しかも安全性にも優れた天然水。

実際どのように処理されているのか、商品化までの道のりを探っていきましょう。

大まかな流れは以下の通りです。

作り方(商品化)の手順
  1. 採水
  2. ろ過・殺菌
  3. ボトリング
  4. 検品

ひとつずつ詳しくみていきましょう!

1.採水

まずは天然水の採水作業です。

具体的な採水方法は、各メーカーによって異なりますが、深井戸を設置してそこから水をくみ上げる方式が一般的となっています。

くみ上げる際、不純物の混入を防ぐために、ある工夫がされています。

それは、水を外の空気に触れさせないこと。

もちろん、井戸内の環境にも細心の注意を払って徹底的に管理しながら、くみ上げた水を安全に処理工場へと運んでいるのです。

2.ろ過・殺菌

処理工場へ運ばれた水は、フィルターを通って「ろ過」されたり加熱によって殺菌処理されたりと、メーカー独自の方法で浄化処理されます。

優れた環境で育まれた天然水は大変高品質ですが、より安全性を高めるために必要不可欠なステップです。

この工程は、種類もいくつかあるため、次項で詳しく解説していきますね!

3.ボトリング

ろ過や殺菌処理を施された天然水は、出荷のためにボトリングされていきます。

このときの環境も徹底管理されており、無菌状態に保たれた空間で行われるため、不純物が混入する恐れはありません。

用いられるボトルやキャップも、無菌環境のなかで洗浄・殺菌され、安全性が確保されています。

4.検品

ボトリングされて賞味期限の印字やラベルの装着が済むと、今度は人の目による厳しいチェックが入ります。

水の味はもちろん、透明度やにおい、さらにはボトルの外部を念入りに調べて、問題がないかどうか検品を行うのです。

このように、天然水は常にきちんと管理された環境下で品質を保たれながら、厳しい審査を通過して商品化されています。

作られる一連の流れがわかると、天然水への信頼度がより一層増しますね!

天然水が作られるまでの濾過と殺菌方法の種類

天然水が作られるまでの濾過と殺菌方法の種類

安全な天然水を飲む上で、ろ過と殺菌をする工程は、必ず行うべき工程ともいえます。

これらの工程内容は、メーカーによって多少異なるものの、その代表的な方法は数種類です。

ここでは、どういった方法を用いて、ろ過や殺菌を行っているのか、その方法に迫っていきます。

では早速、順に見ていきましょう。

ろ過をするためのフィルター

ま、天然水のろ過方法についてですが、ろ過する前の工程としてあるのが「沈殿」という工程です。

原水を沈殿させることにより、不純物ときれいな水の二層に分けられます。

ですが、ただ沈殿させるだけでは、軽い浮遊物は取り除けません。

そのため、軽い浮遊物を重くするための物質を入れ、その後で沈んだ不純物tを取り除く方法が開発されています。

ろ過をする際に使われるフィルターには、たくさんの種類があり、砂を利用したフィルターやマイクロフィルターなどが代表例として挙げられるでしょう。

マイクロフィルターは、数千分の1mmの目の細かさを持ったろ過装置もあります。

こうしたフィルターでは、目に見えない菌も取り除くことができるのです。

加熱殺菌

多くの天然水の殺菌方法は、加熱による殺菌方法です。

その理由は、厚生労働省が開示している食品衛生法のガイドラインにあります。

このガイドラインには、加熱処理で85℃以上の熱で30分以上加熱が義務づけているのです。

またコストもそうかからずに、天然水に含まれる菌を死滅させることができるため、多くの天然水がこの殺菌方法を採用しているのでしょう。

しかしこの方法で殺菌すると、せっかく豊富に含まれている天然のミネラルが損なわれてしまいます。

では、天然のミネラルを損なうことなく、殺菌する方法はないのでしょうか。

その方法はもちろんあります。それが、次に挙げるUV殺菌となるのです。

紫外線によるUV殺菌

天然のミネラルを損なうことなく殺菌する方法は、紫外線を利用しての殺菌方法になります。

この殺菌方法を利用すれば、天然水に含まれる菌を殺菌しつつも、天然ミネラルの多くを残した状態で安全な天然水ができるのです。

人間にとっても、紫外線は肌や体の内部環境を変えてしまうことはご存知でしょう。

それと同じように菌の繁殖する力も奪ってしまうのです。

こうした紫外線殺菌を行う非加熱処理が施された天然水には、ミネラルがたっぷり含まれています。

またミネラルだけでなく、天然水に含まれる酸素を残すことも可能です。

それにより、口当たりもまろやかで、よりおいしい天然水を飲むことができるのです。

天然水の活用方法は?

天然水の活用方法は?

安全でしかも美味しい天然水は、その特徴を生かして、さまざまな用途に活用できます。

ここでは、天然水のおすすめ活用方法を7つ集めてみました。

1.そのまま飲む

自然由来のまろやかな美味しさを堪能するなら、やはりそのまま飲むのが一番です。

水分補給には水が最適といわれているため、ぜひ天然水でこまめに水分補給をしましょう。

ただし、いくら身体に優しい水とはいえ、大量に飲むことはおすすめできません。

一度に飲む量はコップ1杯程度にし、以下のタイミングで飲むのがベストです。

  • 起床時
  • 食事の前
  • 運動の前後
  • 入浴の前後
  • 就寝前

これらは、一般的に水分が不足しやすいといわれているタイミングです。

それはつまり、天然水に含まれる栄養が吸収しやすいタイミングでもあるので、ぜひ忘れずに天然水を飲む習慣を身につけましょう。

2.コーヒーやお茶に

コーヒーやお茶のほとんどは水です。

使う水によってその美味しさが大きく左右されるため、ぜひ天然水を利用しましょう。

ちなみに、コーヒーやお茶に適しているのは、硬度の低い天然水(軟水)です。

硬度の高い硬水で淹れてしまうと、茶葉や豆の持つ味や香りが上手に引き出されず、あいまいな味になってしまいます。

軟水で淹れることで、茶葉や豆の魅力が最大限に引き出されるため、水の硬度に注意しましょう。

とはいえ、日本の採水地における天然水のほとんどが軟水です。

どの天然水を使っても、雑味がなく美味しいコーヒーやお茶を楽しむことができます。

3.炊飯に

天然水を使うと、ふっくらとツヤのある美味しいごはんが炊き上がります。

水道水を使って炊く場合と比べると、その差は歴然なので、ぜひ活用してみてください。

その際は、お米を洗う段階からつけ置き、炊飯に至るまですべて天然水を使うのが理想的です。

しかしそうなると、大量の天然水を消費することになるため、ちょっともったいないと感じてしまいますよね。

そんな方は、天然水と水道水の両方を使って炊飯しましょう。

まずはお米を洗う段階ですが、このとき最初に注ぐ水は天然水を使います。

お米は乾燥していて最初に触れる水を急速に吸収するため、このときにこそ天然水を使うことが重要なポイントです。

その水をすばやく捨てたら、あとは水道水を使って3~4回程度研ぎます。

そして、夏場なら30分~1時間冬場なら1時間~2時間程度水につけておくのですが、このときはやはり天然水を使いましょう。

以上のポイントを押さえたうえで炊飯すると、天然水の良さが前面に出た美味しいごはんが炊き上がります。

天然水で炊いたごはんは、冷めても美味しいと評判で、お弁当にも大活躍でしょう。

4.氷に

水道水で作った氷の味やにおい、気になったことはありませんか?

それは水道水に含まれる残留塩素が原因です。

身体に影響がない程度の微量な塩素が含まれており、そのカルキ臭さは氷にするとなおさら感じやすくなります。

一方、天然水には塩素が含まれていないため、氷にしてもカルキ臭さは全くありません。

むしろ天然水の持つうまみが強調され、とても美味しい氷を作ることができます。

5.赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんは内臓が未発達なので、ミルク作りに使う水は安全性の高い天然水がおすすめです。

ただし、硬度の高いものは要注意。赤ちゃんに負担がかかり、下痢を引き起こす可能性があります。

とはいえ、日本の天然水は基本的に軟水なので、海外のものを選ばなければ問題ありません。

品質も優れたものが多く、デリケートな赤ちゃんにも安心して与えることができるのです。

6.洗顔に

肌トラブルでお悩みの方は、天然水で洗顔してみてはいかがでしょうか。

その理由は、天然水は水道水に比べて安全性が高い点にあります。

水道水には残留塩素などの不純物が含まれており、肌が敏感だとその不純物に反応して肌荒れなどのトラブルが起こってしまうのです。

天然水のように不純物が取り除かれた安全な水を使うことで、肌トラブルのリスクが大幅に軽減されます。

また、天然のミネラルが肌細胞に働きかけるため、うるおいのある美肌に導いてくれるでしょう。

7.ペットや植物に

人間だけでなく、ペットや植物の健康にも天然水は有効です。

毎日与えることで、毛並みがよくなってツヤが出てきたり、病気をしにくくなったりとメリットがたくさんあります。

自宅で手軽に天然水を利用するには?

私たちの健康や美容に一役も二役も買ってくれる天然水、ぜひ日常的に利用していきたいですよね。

それならペットボトルタイプの天然水を利用しよう

と考える方もいるでしょう。

確かにペットボトルならスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどさまざまな店舗で販売されており、入手しやすいです。

しかし、毎日飲むことを考えて大量に購入すると、自宅に運ぶまでに大変手間がかかります。

ネットで注文すればこの点は解消されますが、飲み終わったあとのゴミの処理が気になるところではないでしょうか。

そこでおすすめしたい方法が、自宅にウォーターサーバーを設置してしまうこと。

ウォーターサーバーがあれば、好きなときに天然水を利用できますし、いちいち重たいペットボトルを購入する手間も省けます

また、ペットボトルに比べてゴミ処理が楽なところも魅力です。

さらには、冷水だけでなく温水もワンタッチで使えるなどメリットがたくさん。

気兼ねなく天然水を利用したい方に、ウォーターサーバーは最適なのです。

天然水のウォーターサーバー5選

ぜひウォーターサーバーを導入して快適に利用したいところですが、たくさんのメーカーがあって迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、天然水を取り扱っているおすすめウォーターサーバーをご紹介します。

Tips

また、以下の中でピンッとくるものがない場合、以下の記事も参考にしてみてくださいね!

きっと自身にピッタリのウォーターサーバーが見つかるはずです!

ウォーターサーバーおすすめ12選!目的別に選べる比較ランキングウォーターサーバーおすすめ12選!目的別に選べる比較ランキング

1.Frecious(フレシャス)

おすすめウォーターサーバーfrecious

フレシャスは、ウォーターサーバーで初めて「経済産業大臣賞」を受賞した話題沸騰中のメーカーです。

特徴は、3種類の天然水を取り扱っていること。

  1. 山梨県富士吉田市
  2. 静岡県富士宮市
  3. 長野県木曽福島町

と3つの採水地があり、機種ごとに選べる天然水が異なるシステムです。

採水地によって味わいが異なり、選ぶ楽しみもあります。

また、サーバー本体のデザインにも注目したいところです。

フレシャスには、さまざまな機種がありますが、どの機種もおしゃれでインテリアに合わせやすく、置くだけで空間がグレードアップします。

そして、見た目だけでなく使いやすさにもこだわって設計されている点も大きな魅力です。

デザイン性と機能性を兼ね備えた、満足度の高いメーカーといえます。

 公式サイトを見る 

  口コミ・評判を見る  

2.コスモウォーター

おすすめウォーターサーバーコスモウォーター

コスモウォーターは、使い勝手のよさに定評があるウォーターサーバーブランドです。

  1. 静岡県御殿場市
  2. 京都府福知山市
  3. 大分県日田市

の3ヶ所に採水工場があり、お住まいの地域に最も近いところから新鮮な天然水が届けられます

くみ上げられた天然水は、48時間以内にスピード出荷されるため、自然由来の味わいを存分に楽しむことができます。

注目したいのが、水ボトルの補充位置が足元にあることです。

一般的なサーバーは本体の一番上部分に水ボトルをセットするスタイルなので、重たいボトルを高く持ち上げる必要があります。

しかし、コスモウォーターのサーバーならボトル交換を足元ででき、とても楽です。

特に年配の方には大変便利にお使いいただけるでしょう。

 公式サイトを見る 

  口コミ・評判を見る  

3.プレミアムウォーター

おすすめウォーターサーバープレミアムウォーター

プレミアムウォーターは、デザイン性や水の味わいにこだわりを持つユーザーから圧倒的な支持を得ているウォーターサーバーです。

ほかにはない魅力といえるのが、スタイリッシュなデザインの機種が豊富であることです。

特に木製の脚が魅力の「amadana(アマダナ)」や、個性的なモダンデザインが目を引く「cado(カドー)」が人気で、インテリアにこだわっている方から多く選ばれています。

またプレミアムウォーターは、なんと5種類の天然水のなかからお好きなものを選べるシステム。

選べる天然水5種
  1. 山梨県富士吉田市
  2. 長野県大町市
  3. 兵庫県朝来市
  4. 島根県浜田市
  5. 熊本県阿蘇郡南阿蘇村

このように、5つの採水地を持ち、どの天然水にも自然由来のミネラルが豊富に含まれています。

デザインにこだわりたい方、自分好みの天然水を選びたい方に、ぜひおすすめしたいメーカーです。

 公式サイトを見る 

  口コミ・評判を見る  

4.富士桜命水

富士桜命水

富士桜命水で提供される天然水は、その名の通り、富士山の標高1,000m地点から採水された天然水となります。

この天然水のすごいところは、世界一と称されたビールでも利用されていたこと。

さらには、健康を意識する方にも注目のバナジウムも含まれています。

その水をお手頃な価格で提供しているのです。

このように、お手頃の価格で利用できるのは、工場に秘密があります。

まず間に業者をはさむことなく、すべて富士桜命水で採水から出荷までを行っているため、ムダなマージンが発生しません。

さらに機械化を導入することで、人件費を抑えることにも成功しているのです。

無料お試しも1ヶ月と長期間に渡り実施しているので、実際に口にして試してみるといいでしょう。

きっと良さがわかるはずです。

 公式サイトを見る 

  口コミ・評判を見る  

5.サントリー天然水

おすすめウォーターサーバーサントリー天然水

サントリー天然水といえば、その説明は不要なほど、有名で信頼性のある会社でしょう。

ここで提供される天然水は、日本名水百選のひとつである南アルプス山梨県北杜市より採水された水となります。

この天然水は硬度が30mg/Lなので、口当たりまろやかで赤ちゃんのミルクづくりにも適した天然水といえるでしょう。

また、サントリー天然水の一番の特徴は、その衛生面への配慮

水質検査や放射性物質検査についても、徹底して行われています。

また、独自の厳しい検査項目も加えて検査が実施されているため、それをクリアした水の信頼度に申し分はないでしょう。

提供されているウォーターサーバーも、自動クリーニング機能がついているため、いつでも安心して天然水を楽しむことができます。

 公式サイトを見る 

  口コミ・評判を見る  

安全で美味しい天然水を日常に取り入れよう

天然水の作り方に注目することで、なぜ美味しいのか、なぜ安心して飲めるのかをおわかりいただけたのではないでしょうか。

天然水は、飲用としてはもちろんさまざまな用途で活用できます。

また、自身で天然水を汲みにいくとすれば、たしかに近くに汲み場があるのならお金はかかりません。

しかし周辺環境の変化や、採水する深さが浅い場合では、水質が安全でないこともあるのです。

天然水で安全性を求めるのであれば、企業が提供するしっかりと検査をされた天然水の方が安心できるでしょう。

その点でさらに利便性を求めるなら、ウォーターサーバーが最適となります。

最近ではそのコストも安くなってきており、試しやすくもなっています。

気になる方は、まず無料お試しで実体験してから、導入検討するといいでしょう。

ウォーターサーバーで無料お試しできるものを比較!おすすめはどれ?ウォーターサーバーで無料お試しできるものを比較!おすすめはどれ?

ぜひこれを機に、身体に優しい天然水を日常的に利用していってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)