【2019年10月】最新のウォーターサーバーおすすめランキング ≫

ダイオーズウォーターサーバーの口コミ&評判!基本情報から利用メリットも

ダイオーズウォーターサーバーの口コミ&評判!基本情報から利用メリットも

ダイオーズのウォーターサーバーは、50年近くの実績があり、口コミも好評ではありますが、自分のライフスタイルや好みに合っているのか気になりますよね。

ウォーターサーバーは、一度設置したら長期で利用するものですから、慎重に選んでいきましょう。

この記事では、ダイオーズのウォーターサーバーである「Pompage(ポンパージ)」と「Purest(ピュレスト)」の基本情報や、口コミ情報を掲載しています。

契約前にはしっかりと確認し、自身に合っているのかを見極めてみてください。

⇩⇩ダイオーズ一押しのウォーターサーバーをすぐチェックしたい方はこちら⇩⇩

ダイオーズとは?

ダイオーズは1969年に創業しており、ボトルウォーターサービス事業やオフィスコーヒーサービス事業などを展開する世界的大企業です。

東京証券取引所に一部上場している信頼ある会社で、アメリカやアジア圏にもサービスを拡大している最大規模のウォーターサービス企業です。

ダイオーズウォーターサーバーの種類

ダイオーズウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーサービスとしては2種類あり、

  • RO水をボトリングして提供する「ポンパージ
  • 水道水をサーバーで「ろ過」して飲み放題のお水を実現した「ピュレスト

のどちらかを選ぶことができます。

では、それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

Pompage(ポンパージ)の基本情報

Pompage(ポンパージ

ダイオーズウォーターサーバーの代表格として、「Pompage(ポンパージ)」があります。

お水の種類やサーバースペック、使い勝手など、基本情報についてをまとめました。

サーバーがまだ決まっていないのであれば、事前に基本的な情報は把握しておくようにしましょう、

限りなく純水に近いRO水

ポンパージはRO水を提供するサーバーです。

■ RO水とは

RO水とは、逆浸透膜という特殊なフィルターで「ろ過」して抽出したお水のことです。

0.0001ミクロンの超微細孔フィルターを使用しており、あのNASAでも採用しているフィルターです。

水道水に含まれる、「ヨウ素」や「セシウム」などの有害な物質を限りなく取り除き、水を分子レベルで取り出します。

そのため、限りなくピュアウォーターに近く、赤ちゃんがそのまま飲んでも安心な水となっているのです。

天然水の中でも、とくに硬度が高いものについては、内臓に少なからず負担がかかるものです。

しかし限りなく純粋に近いRO水なら、からだにやさしく水が染みわたりますので、安心して利用することができるでしょう。

また、ポンパージのボトルは再利用しますので、資源を無駄にせず環境に優しくできています。

ボトルが空になれば、業者がそのボトルを回収をしにきますので、それまでは自宅保管するようにしてください。

回収されたボトルは、殺菌消毒をして徹底的にキレイな状態にしたあとにRO水を充填し、お客様の元に再度届けられます。

お水の値段

ポンパージのお水の値段は、19リットルで2,261円です。

1リットル当たり119円となります。市販で売っている天然水は2リットル100円程度で購入することができますから、値段としては2倍ほどになります。

コストは掛かりますが、限りなく純粋に近い安全で胃に負担をかけないお水を普段から飲むことができ、料理にも使うことことができますから非常に安心です。

サーバースペック

ポンパージのサーバースペックは以下の通りとなっています。

320mm
高さ 1,050mm
奥行き 350mm
重さ 20.5kg
容量 温水1.6L/冷水3.3L

サーバーサイズは、一般的なウォーターサーバーのサイズと変わりはなく、省スペースでも置くことができるでしょう。

また、タンク容量は大きくお水は3.3Lもありますから料理に使ったり、野菜を洗う時などにも活躍します。

温水も1.6Lありますから、カップ麺やインスタントスープを作ったりするときに不足する心配もありません

冷水・温水の温度

ポンパージは冷水が5℃温水は95℃まで上昇します。

カップ麺を作る時に必要な温度は95℃以上ですので、熱不足で困ることもありません。

他社のサーバーの中には、温度が実際には90℃程度までしか上がらず、カップ麺などに使用できないものもあります。

しかしながら95℃は、沸騰温度近いので非常に熱いですから、とくにヤケドには注意が必要です。

ボトル交換性

ポンパージはボトル交換性のウォーターサーバーです。

ボトル容量は19Lと非常に大きいため、一般的な容量12Lと違い、交換する頻度は少なくなります。

しかし、水ボトルの交換時には、少々重たいボトルを設置する作業が必要です。

ですが、ボトル交換をできる限りラクにするため、サーバー内にはボトルガードアームという物が設置されています。

家計に優しい省エネモード搭載

ポンパージのサーバーには省エネモードが搭載されています。

これは電気が消えると省エネモードに自動で切り替えられ、温水をOFFにしてくれます。

省エネモードが搭載されていないサーバーですと、深夜帯も常時お水を沸騰させています。

朝になり光が差し込んだり、電気が点くと沸騰を再開させます。

数分程度で沸騰が完了しますので、すぐに温かいお湯を使用することができます。

新機能!加熱殺菌機能

ポンパージには、從來のウォーターサーバーには搭載されていなかった「加熱殺菌機能」が搭載されています。

本来冷水タンクは冷水のまま温度が5℃前後に維持されますが、ポンパージのサーバーの冷水タンクは、最高70℃まで上昇します。

これはタンク内の雑菌を死滅させるためには十分な温度で、常にタンク内を清潔に保つことができます。

キレイなお水しか貯蔵しないタンクですが、さらに加熱殺菌機能もあれば、より安心してお水を飲むことができますね。

Purest(ピュレスト)の基本情報

Purest(ピュレスト)

ダイオーズウォーターサーバーのもう一つの看板商品として、Purest(ピュレスト)というウォーターサーバーがあります。

お水の内容やサーバースペックなど、契約前に知っておくべき内容をまとめました。

水道水がミネラルウォーターに!

ダイオーズのピュレストは、サーバーと水道を直接つなぎ合わせ、水道水を浄水してお水を抽出するタイプのサーバーです。

水道と直結なのでお水がなくなる心配もなく、また、安全で美味しいミネラルウォーターが飲み放題ということで、昨今人気急上昇中のウォーターサーバーです。

また別名、「次世代型ウォーターサーバー」とも言われています。

フィルターが選べる!

ピュレストのウォーターサーバーには、水道水を浄水するフィルターが2種類あり、どちらか好きな方を選択することができます。

1:ミネラルタイプ

水道水を「活性炭+中空糸膜」フィルターで浄水します。

ミネラル分は残しながら美味しくて健康的なお水を飲むことができます。

1. セディメントカーボンフィルター カルキ・溶解性鉛・トリハロメタン除去
2.ウルトラフィルター 微細なウイルスや雑菌を除去
3.ポストカーボンフィルター 残った臭いを除去
2:純粋タイプ

RO(逆浸透膜)フィルターで、限りなく純粋に近いお水を抽出することができます。

ミネラル分もすべて除去しますから、生まれたての赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。

1. セディメントカーボンフィルター カルキ・溶解性鉛・トリハロメタン除去
2.RO(逆浸透膜)フィルター 0.00001ミクロンまでの

物質除去・水分子だけを抽出

3.ポストカーボンフィルター 残った臭いを除去

受取・ボトル交換の面倒なし

ダイオーズのピュレストは、水道水からお水を浄水しますから、面倒なボトルの受取や返却、重たいボトル交換は一切必要ありません

ボトルの「受取・返却」があると、業者の人が自宅に訪問するときに自宅に待機していないといけません。

また、些細なことですがストレスになりますよね。

ボトル交換があると高齢の方には身体への負担もあり、バランスを崩し転倒する事故も発生する可能性があります。

こうした心配や面倒が一切なくなるのは、水道直結型の嬉しいポイントですね。

定額飲み放題が魅力的

ダイオーズのピュレストは、水道直結型ですから「飲み放題」となります。

ボトル型のウォーターサーバーだと「お水の残りが少ないな…」と思い、節水し、結局水道水をそのまま使うケースもあるのではないでしょうか。

水道直結型のサーバーですから、お水の制限はありませんし、定額制で好きなだけ美味しく健康的なお水を使うことができます。

野菜を洗うときや、お米と炊く時も遠慮せずお水を使えますし、夏場もガブガブ水分補給することができますね。

定額料金
1.ミネラルタイプ 3,500円(税抜)
2.純水タイプ 3,980円(税抜)

冷水・温水の温度

ダイオーズのピュレストは、冷水5℃、温水95℃まで温度を高低することができます。

夏場に冷たくて健康的なお水がすぐに飲めるのも嬉しいですし、カップ麺などにも対応できる95℃まで温度が上がるのも大きなポイントですね。

さらに、ピュレストのウォーターサーバーなら「常温水」を飲むこともできるんです。

もちろん浄水したお水の常温水です。健康志向の方やご高齢の方など、身体を冷やさないように常温を飲まれる方にピッタリのサーバーですね。

また、ポンパージと同様に「加熱殺菌機能」「ECOモード」も搭載されています。

冷水タンクを75℃まで上昇させ雑菌を死滅させますから、時間が経ってもサーバー内部はいつでもキレイな状態を保つことができます。

ECOモードは、夜間の沸騰を停止して電気代を安くしてくれます。

サーバースペック

ピュレストのサーバーは「床置タイプ」「卓上タイプ」の2種類あります。ご自宅の設置したい場所と照らし合わせてお選びください。

床置タイプ 卓上タイプ
320mm 300mm
高さ 1,050mm 500mm
奥行き 350mm 440mm

卓上タイプは床置タイプの高さの半分とコンパクトですが、その分安定させるために奥行きが床置タイプよりも70mm(7センチ)大きくなっていますので注意してください。

⇩⇩ダイオーズ一押しのウォーターサーバーをすぐチェックしたい方はこちら⇩⇩

ダイオーズウォーターサーバーのメリット&デメリット

ダイオーズウォーターサーバーのメリット&デメリット

ダイオーズのウォーターサーバーを2種類紹介してきました。

「Pompage(ポンパージ)」はRO水の宅配でしたが、Purest(ピュレスト)にも、RO水を抽出するフィルターを搭載したサーバーがあります。

ですから、もしRO水で月にボトル3本以上使用される場合には、Purest(ピュレスト)を使用する方が圧倒的にお得です。

また、ボトルの受取・返却、交換もありませんから、Purest(ピュレスト)を選ぶと良いでしょう。

ここからはPurest(ピュレスト)のメリット・デメリットをご紹介します。

デメリット

まずはデメリットからみていきましょう。

1.天然水が飲めない

ダイオーズのピュレストは、水道直結型のウォーターサーバーなので、天然水を飲むことができません。

天然水の味が好きなんです!

という方は、他社サーバーを選ぶと良いでしょう。

2.置く場所がある程度制限される

水道とサーバーをホースで連結させる必要がありますので、設置場所はキッチンや、キッチンに近いリビングに限定されてくるでしょう。

ホースを伸ばして設置することもできますが、部屋にホースを伸ばしていくので見た目的にもあまり良くはありません。

キッチンやリビングに設置する予定の方は特に心配する必要はないでしょう。

メリット

では次に、メリットについてもみていきます。

1.なんと言っても飲み放題は嬉しい

ダイオーズのウォーターサーバーでは、水道水を使用するので、料金はサーバーレンタル代だけで、お水は定額制の飲み放題となります。

家族で住んでいる場合には、多くのお水を消費するでしょうから、水道直結型のウォーターサーバーが最適です。

2.ボトルという概念が無くなる

ダイオーズの場合、從來のボトル交換という概念が一切なくなります。

今までボトルの受取・返却、ボトル交換など日常生活の中で面倒な作業が必要でしたが、これらが無くなりストレスフリーなウォーターサーバー生活を送ることができますね!

⇩⇩ダイオーズ一押しのウォーターサーバーをすぐチェックしたい方はこちら⇩⇩

ダイオーズウォーターサーバーの口コミ&評判!

ダイオーズウォーターサーバーの口コミ&評判!

では早速本題の、ダイオーズの口コミや評判が一体どうなっているのかについて、見ていきましょう。

具体的な口コミは、以下のようになりました。

ネットの口コミが一番好評だった

サーバーのスペックとか使い勝手も良いけど、ネットの口コミが一番良かったことがピュレストを選んだ理由でした。

デザインもスタイリッシュで大変満足しています。

水道水がこんなに美味しくなるの?

今まで我慢して水道水を飲んでいましたが、ピュレストから出てくる水道水は信じられないくらい美味しいです。普通に市販で売っている天然水を飲んでいる様な感じです。このお水が使いたい放題なのは嬉しすぎます!

娘のミルクに安心して使えます

最近、娘が生まれてミルクを作るときがありますが、純粋のRO水を使えるので安心して娘に飲ませることができます。

お腹の壊しやすいお子様がいらっしゃるご家庭にすごく適していると思いますね。

とにかく楽です

ボトル交換がないのが本当に楽です。

今まで12Lのお水を毎週持ち上げていましたが、それがなくなるだけで気持ちが楽です。

朝起きてお水が切れるとテンションダダ下がりでしたが、いまは毎日ハッピーです(笑)

宅配業者さんのピンポンも嫌いだったので清々しい気分です。

カップ麺に大活躍

カップ麺が大好きで頻繁に食べるのですが、結構な量の水を使うので罪悪感を感じながら今まで天然水を使っていました。

ピュレストは浄水なので気にせず、どんどん使えます。もっと早くピュレストを使いたかった!

⇩⇩ダイオーズ一押しのウォーターサーバーをすぐチェックしたい方はこちら⇩⇩

ダイオーズのウォーターサーバーに申込む前の最終確認

ダイオーズのウォーターサーバーに申込む前の最終確認

さていよいよダイオーズに申込みたいところですが、もう少しだけお付き合いください。

契約後に後悔しないように、納得した上で申込みはしていくようにしましょう。

ここでの確認すべきことは、主に4つとなります。

では順に見ていきましょう。

1ヶ月分の電気代について

ダイオーズのウォーターサーバーの電気代は、ひと月あたり大体1,000円程度となっています。

ウォーターサーバーの電気代が相場も大体1,000円くらいなので、安くもなければ高くもないといった印象でしょうか。

ただ、これは使用頻度によっても異なりますので、あまり利用しない場合ではもっと電気代は安くなります。

水道直結型のピュレストでは工事が必要

水道直結型のウォーターサーバー「ピュレスト」では、どれも水道管とつなげるための工事が必要となります。

とはいっても、現状復帰可能な簡単な工事となりますので、大げさなものではありません。

そういった工事内容ですから、仮に賃貸物件であった場合でも、取り付け工事が可能となります。

ただし、設置場所によっては、取り付け工事が行えない場合もあるでしょう。

申込みする際には、設置予定の写真をメール添付するので、その時点で取り付け工事ができるかどうかを判断してもらえます。

気になる方は、直接問い合わせてみてもいいでしょう。専門スタッフの方は丁寧に教えてくれます。

最低契約期間について

ダイオーズのウォーターサーバーの最低契約期間は、3年となっています。

もしその契約期間を経過する前に解約してしまうと、解約金が発生してしまうため注意が必要です。

具体的な解約金の金額については、次の通りです。

  • 1年未満で解約:3ヶ月分の月額費用
  • 1~2年未満で解約:2ヶ月分の月額費用
  • 2~3年未満で解約:1ヶ月分の月額費用

要は、残りの年数に月額費用を掛けた金額が、解約金となるといった具合です。

他のウォーターサーバーでは、大体最低契約期間は、1年~2年程度となっており、解約金も1万円前後が一般的です。

そう考えると、ダイオーズのウォーターサーバーは、かなり良心的な解約金額となっているのではないでしょうか。

決済方法について

個人での契約の場合は、月々の決済方法が「クレジットカード払い」のみとなっています。

公式HP上では、それ以外の決済方法について記載がありませんでしたので、その他の決済方法をご希望の方は、一度問い合わせてみると良いかもしれません。

実績多数のダイオーズは口コミや評判も上々!

ダイオーズウォーターサーバーの口コミや評判についてもみていきましたが、50年近くも実績があるという点で、信頼感もなかなかのものです。

その結果を受けてか、SNS上でも高評価が集まっていました。とくにデザインという面で、写真を上げている方が多い印象です。

ダイオーズのウォーターサーバーを選ぶ基準は、

  • 「月ボトル3本未満」ならPompage(ポンパージ)
  • 「月ボトル3本以上」ならPurest(ピュレスト)

を選びましょう。また、RO水ではなくミネラルウォーターを飲みたい方もPurest(ピュレスト)を選びましょう。

ダイオーズウォーターサーバーは、月額料金がお得になるキャンペーンを頻繁に行っています。

そのタイミングに合わせて契約すると、よりお得に利用することができます。

Tips

以下の記事では、目的別に適切なウォーターサーバーが紹介されています。

 

項目を選択するだけで、あなたに合ったものをサッと見つけられるので一度試してみてもいいでしょう。

 

またそれでも迷う方のために、数十種類あるウォーターサーバーの中から、厳選した理由付きのランキングも掲載しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

≫ ウォーターサーバーおすすめ12選!目的別に選べる比較ランキング

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)